apacheでデータベースサーバ構築 2010.03.09  
 (Since 2003.11.10)

  → 更新履歴

●今回の目的
  Webサーバの代表的ソフトApacheを導入し, それにデータベースソフトであるMySQLを仕込む.
また,データベースをいじる為,PHPも一緒にインストールする.


●導入開始
1. ソースの準備
  下記の場所よりソースをゲットし ~/work 配下に置く.
ソースの在り処と使用したVersion
apache_1.3.24.tar.gz http://www.apache.org/dist/httpd/
mysql-3.23.49.tar.gz http://www.mysql.com/
php-4.2.1.tar.gz http://www.php.net/


2. インストールの下ごしらえ
  MySQLが使用するユーザ・グループを作成し,Apacheのソースをconfigureしておきます.
もし,Apacheが既に稼動中でしたら,停止してからconfigureすること!

・Apacheの停止方法(稼動時のみ)
freebsd > su
freebsd # /usr/local/apache/bin/apachectl stop
freebsd # exit
・ユーザ・グループ作成
freebsd > su
freebsd # pw groupadd mysql -g 31000
freebsd # pw useradd mysql -g mysql -u 31000
freebsd # exit
・Apacheのconfigure
freebsd > cd ~/work
freebsd > tar zxvfp apache_1.3.24.tar.gz
freebsd > cd apache_1.3.24
freebsd > ./configure


3. MySQLのインストール
  ほぼいつもどーり
freebsd > cd ~/work
freebsd > tar zxvfp mysql-3.23.49.tar.gz
freebsd > cd mysql-3.23.49
freebsd > ./configure --prefix=/usr/local/mysql
freebsd > make
freebsd > su
freebsd # make install
freebsd # exit


4. MySQLの設定
  とりあえず初期設定して起動してみる
freebsd > cd ~/work/mysql-3.23.49
freebsd > su
freebsd # ./scripts/mysql_install_db
freebsd # chown -R root:mysql /usr/local/mysql
freebsd # chown -R mysql /usr/local/mysql/var
freebsd # cp support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf
freebsd # /usr/local/mysql/bin/safe_mysqld --user=mysql &
freebsd # exit
もし,うまく起動されていれば以下のコマンドが正常に応答を返します.
freebsd > /usr/local/mysql/bin/mysqladmin version
freebsd > /usr/local/mysql/bin/mysqladmin variables
バージョン情報やらがたくさん表示されたら正常です.
正常にに起動していたら,自動起動の設定をしてしまいましょう.
freebsd > su
freebsd # cd /usr/local/etc/rc.d
freebsd # vi mysql.sh
freebsd # chmod 755 mysql.sh
freebsd # exit
mysql.shの中身
#!/bin/sh
if [ -x /usr/local/mysql/share/mysql/mysql.server ] ; then
  echo -n ' mysql'
  /usr/local/mysql/share/mysql/mysql.server start
fi
これで,リブート後も自動的にMySQLサーバが立ち上がります.めでたしx2


5. PHPのインストール
  Apacheのヘッダを引き込む為,configureでのオプションあり
freebsd > cd ~/work
freebsd > tar zxvfp php-4.2.1.tar.gz
freebsd > cd php-4.2.1
freebsd > ./configure --with-mysql --with-apache=../apache_1.3.24 \
  --enable-track-vars --enable-mbregex --enable-mbstring \
  --enable-gd-native-ttf --with-gd=/usr/local \
  --with-jpeg-dir=/usr/local --with-zlib=/usr/local \
  --with-png-dir=/usr/local
freebsd > make
freebsd > su
freebsd # make install
freebsd # exit


6. ApacheのMake
  PHPのモージュールを組み込んだApacheが出来上がります
freebsd > cd ~/work/apache_1.3.24
freebsd > ./configure --activate-module=src/modules/php4/libphp4.a
freebsd > make
freebsd > su
freebsd # make install
freebsd # exit


7. Apacheの設定
  PHPが使えるようにApacheの設定ファイルを書換えて起動する
freebsd > su
freebsd # cd /usr/local/apache/conf
freebsd # vi httpd.conf
freebsd # /usr/local/apache/bin/apachectl start
freebsd # exit
/usr/local/apache/conf/httpd.confの中身
  :
  :
#
# And for PHP 4.x, use:
#
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps
  :
  :
↑変更点はこの部分にあるコメントをはずすだけ


8. テスト
  ドキュメントルート配下(/usr/local/apache/htdocs/)にテストファイルを作成し, それをブラウザで表示させてみる.うまく表示できれば正常であることが確認できる

・テストファイル(example.php)を作る
freebsd > su
freebsd # cd /usr/local/apache/htdocs
freebsd # vi example.php
freebsd # ln -s example.php example.phps
freebsd # exit
example.phpの中身
<html>
<head>
<title>exsample</title>
</head>
<body>
<? echo phpinfo(); ?>
</body>
</html>
ブラウザで表示した際に,それぞれ…
  http://〜〜〜/example.php
    → インストールされたPHPの詳細情報
  http://〜〜〜/example.phps
    → 色分けされたソース
が表示されればOKでしょう!


9. おしまい
  これにて,Apache+MySQLのDB-Webサーバがめでたく完成!
あとは,こいつを使っていろいろとDBをいじくってみて下さい.


☆おまけ
  データベースとの連携機能が豊富なPHPが,コマンドラインで使えたらめっちゃ嬉しい!
ってことでCGI版PHPを入れちゃいましょう.
freebsd > cd ~/work/php-4.2.1
freebsd > ./configure --with-mysql --enable-track-vars \
  --enable-mbregex --without-system-regex
freebsd > make
freebsd > su
freebsd # cp ./php /usr/local/bin/.
freebsd # exit
適当な場所にテストファイルを作成し,実行する. 結果,”Welcome!!”と表示されればOK!

・test.phpの中身
#! /usr/local/bin/php -q
<? echo "Welcome!!\n"; ?>
・実行結果
freebsd > ./test.php
Welcome!!
freebsd >


●参考にしたもの
  HotWired Japan : PHP/MySQLチュートリアル
Apache 公式サイト
MySQL 公式サイト
日本MySQLユーザー会
PHP 公式サイト
日本PHPユーザー会


●改版履歴
 
2002.05.15  初版
2002.06.12  PHP国際化対応の configure オプションを追加
             ”おまけ”を追加


 [ FreeBSD Top ]   [ This Site Top ]
Wrote by K.Teraki <master@prism-r.com>