さよなら1999スピマイアタックジムカーナ  at 1999.11.23

目標は優勝!結果はいかに・・・
いやぁ,とうとうエントリーしました.もちろんやるからには優勝を目指して走るわけですが, 何ゆえはじめてのジムカーナ参戦・・・と逃げ道を作りつつもしっかりと表彰台に登るイメージトレーニング (どんなこっちゃい)をして気持ちは早くも優勝気分.そんなんで大丈夫なのかなぁとは思ったりもするが, 気持ちで負けては勝てるものも勝てない.いざ出陣!!

ジムカーナって何?
”そもそもジムカーナって何?”という人の方にちょっと説明を. ジムカーナは4輪モータースポーツの入門競技として全国各地で行われていて, 国内B級ライセンスを持っていれば誰にでも参加できる競技会です. 競技の内容は,オープンスペースにパイロン等でコースを作り,その道順に沿って走行し, スタートからゴールまでのタイムを競うものです. 2本走って良かったほうのタイムで順位が決まるわけですが,2台同時に走ることがないので, 最後は自分との戦いになるわけですね.
また,ライセンスを取得していなくても参加できるクローズドクラスというのも存在し, こちらは硬いイメージのモータースポーツを少しでも多くの人に理解していただき, 参加し楽しんでもらおうというクラスです.僕はB級ライセンスを持っていますが, 車が規格(レギュレーション)に合わない為クローズドクラスでエントリーしました. また,大学時代の友人と一緒にダブルエントリーということで楽しさも倍増! 彼はライセンスを持っていないので必然的にクローズドクラスに・・・身近なライバルである.

すべてが初めての経験
いつのはオフィシャルとしてジムカーナに参加しているわけで,ドライバーとしては初めての参加. とりあえず朝の安全車検を済ませパドックへ,車を止め競技用のタイヤへと交換をはじめる. 交換半ばに始まったドライバーズブリーフィング. これは競技長がドライバーに対しての注意事項などを話す重要なおはなし. それが終わるとこれから走行するコースを歩いて下見する完熟歩行が始まる. これらすべてが初めての経験.ワクワクしつつもドキドキします. 友達もはじめてのジムカーナ.がんばるぞぉ!!
プリメーラをドライブする2人,僕にいつもアドバイスしてくれるA3ドライバーのもだし, そして佐藤家応援団(写真右より)今回も楽しくやっています.

いよいよスタート!!
完熟歩行の終わり,A1クラス,ゼッケン1番がグリッドにつきスタート旗が振り下ろされ, いよいよ競技が開始された.しかし,トップバッターがいきなりのミスコース. こりゃ結構覚えづらいコースなのかなぁと思いつつもタイヤ交換が途中だったので交換を済ませる. 今回は最終戦ということもあっていつもオフィシャルとして活動しているクラブ(奥州VICIC) の仲間もドライーバーとして数人参加.みんながんばれ!!
 
僕をこの世界に引きずり込んだ(?)張本人   ほとんどノーマルなのに結構速い
 
いつも激戦区のA4クラスに・・・   チェッカーを受ける瞬間

1本目
みんな走り終え徐々に自分の出番が・・・ 心臓の鼓動がはっきりと聞こえるくらい緊張している.A4クラスが終了し, いよいよクローズドクラスの走行が始まる.トップバッターの僕はグリッドでの待機時間を持て余し, 頭の中が真っ白に・・・スタート旗が振られいよいよスタート.しかし, クラッチミートをミスってしまい完全にスタート失敗.挽回するべくアクセル全開で駆けていったが, コーナーを立ち上がったときの風景がなんか違う・・・オフィシャルが黒旗を提示.そう, 痛恨のミスコースを侵してしまったのです.完走扱いでは無い為,当然タイムは無し. このままでは・・・あぁ〜〜〜とぉってもやばい状況です.
友達はというと・・・おぉ,無難にこなしてます.タイムこそはいいとはいえませんが, 完走しました.友達は”もう,気にするな”といいつつも”まぁ,俺に負けないように” とプレッシャーをかけまくっています.
ホントにまずいことになっちゃったぞぉ
 
一見リラックスしているようにも見えるが,実が心臓バクバク. なんてったって,ショルダーパッドがこんなにもずれてるし(笑)   こっちはスタート直前
このあとまさかミスコースするとは・・・
 
こっちが友達(No.52)スタート前   ミスコースすることなくチェッカーを受ける
初めてにしてはいいんじゃないの?

 
[レポの続き] [車両のスペック] [メインページ]

 
Motor Sports Maniac     Page design and created by   Rainbow.