[ オフィシャルの目 ]    [ オフィシャルとは? ]    [ フラッグの種類 ]  


  公認審判員ライセンスを取ろう!
オフィシャル(審判員)としてレースに参加する場合にはJAF公認の審判員ライセンス の取得をお勧めします.ドライバーだって,ライセンスを持たない人間に 判定されたくはありませんからね.

JAF国内B級ライセンス
(公認審判員ライセンス)
公認審判員ライセンスを取るのは,とても簡単です. まずはJAFのB級ライセンス講習会に参加しましょう.場所や日程などは, JAFの機関誌「JAF MATE」などに載っていますのでそちらをご覧ください.

この講習会は座学のみで,一般的なモータースポーツにおけるルールを学びます. B級ライセンスを取得することで,国内におけるJAF公認の「同時に2台以上の車両が 走らない」,つまりジムカーナやダートトライアルなどの「スピード行事」に 参加することが出来ます.モータースポーツの世界へのはじめの一歩ですね.

この講習会受講後,国内B級ライセンスを取得出来ます.また公認審判員B3級の 申請を行うことが出来ます.講習会会場で申請しましょう.

B級ライセンスを取得したらJAF公認のモータースポーツクラブに 所属しなければなりません(ただし2年の猶予期間があります). ちなみに私は,全日本レースなどを主催する日本で一番大きなモータースポーツクラブ 「VICIC」の東北支部「奥州VICIC」に所属しています. レースの主催クラブだけに,オフィシャル活動もとても活発なので, このクラブに入ることをお勧めします.

審判員のキャリアを積んでいくことで,ライセンスを上級することが出来ます. 上級は,「2回のレースを含み,7回以上競技に参加した」などの条件をクリアし, 簡単な上級試験に合格することによってできます. ライセンスのランクがアップすると,オブザベーションポストの責任者など, より高度で重要な任務をまかされる機会が増えます.

詳しく知りたい方,メールをください

 
Motor Sports Maniac     Page design and created by   Rainbow.